食にまつわる色んなネタ・その他モロモロ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
自宅でたこ焼き
たこ焼き.JPG

関西人の家には必ずたこ焼きの鉄板があると俗にいわれますが、あながち誇張でもないと思います。

[コナ] 玉子・小麦粉・水・だしの素・塩
 ※配合は秘密…というか、適当なのでわかりません\(__ )
[具として用意したもの] タコ・ネギ・天かす・紅ショウガ・チーズ・もち・ミックスベジタブル・コンニャク
[その他] ソース・マヨネーズ・からし・だし汁

何を入れて何をつけて食べるかは、個人の好み次第。たっぷり油を引いたたこ焼き鉄板に、あふれるくらいコナを注ぎ、適当に具を入れる。あふれたコナや具をそれぞれのアナに寄せていき、側が固まったら、とにかくひっくり返す。(きっちりとひっくり返す必要なし)
こぼれ出ている中身を個々のたこ焼きに突っ込み、適宜くるくると回しながら焼く。いい色になったら鉄板から取り出し、好みのものを付けて召し上がれ!
posted by ish | 21:04 | 粉モノ | - | - |
自宅でたこ焼き
たこ焼き.JPG

関西人の家には必ずたこ焼きの鉄板があると俗にいわれますが、あながち誇張でもないと思います。

[コナ] 玉子・小麦粉・水・だしの素・塩
 ※配合は秘密…というか、適当なのでわかりません\(__ )
[具として用意したもの] タコ・ネギ・天かす・紅ショウガ・チーズ・もち・ミックスベジタブル・コンニャク
[その他] ソース・マヨネーズ・からし・だし汁

何を入れて何をつけて食べるかは、個人の好み次第。たっぷり油を引いたたこ焼き鉄板に、あふれるくらいコナを注ぎ、適当に具を入れる。あふれたコナや具をそれぞれのアナに寄せていき、側が固まったら、とにかくひっくり返す。(きっちりとひっくり返す必要なし)
こぼれ出ている中身を個々のたこ焼きに突っ込み、適宜くるくると回しながら焼く。いい色になったら鉄板から取り出し、好みのものを付けて召し上がれ!
posted by ish | 21:04 | 粉モノ | - | - |
三次会でお好み焼・美作(神戸・三宮)
昨夜は、卒業以来3度目の高校の同窓会でした学校
ちょくちょく会う奴、卒業以来ウン十年ぶりの人とか色々で楽しかった〜。
それにしても、男男性の方はたいがい誰だかわかるのに、女女性の方はほとんど誰だかわからん。女性の方に訊いても同様で、要は「同性はわかるが異性はわからない」というこの法則。不思議なもんですなあ。

3時間程の同窓会はあっという間に終了。その後は適宜分散して2次会へ。土曜日だから大丈夫と思ってたら、夜の9時過ぎに20人程入れる店ってないもんなんですね。結局30分程歩きまくって、やっと場所確保。そこで12時過ぎまで話し込んでひとまず解散し、希望者のみお好み焼かラーメンを食べに行こうということになったのですが、希望を募ると圧倒的にお好み焼の勝ち!
神戸以外から帰ってきた人達もいるんで、やっぱり久しぶりに地元のが食べたかったみたいです。で、選んだお店が「美作(みさく)」。適宜解散後の3次会とはいえ、1ダース程の人数がいたので入れるかどうか心配だったのですが、時刻が遅いせいもあってなんとかOK。

こちらのお店、JR・阪急三宮からすぐという立地の割には、神戸下町系要素が充実。どろソースやすじ、生タコは勿論のことながら、貝・油かす・イモ入りなどのディープ系も常備。今の時期はカキもおいしいです。

僕が最初に頼んだのは、スジのお好み・油かす&イモ入り。これにどろをたっぷりめに塗って、上からノーマルソースを重ねがけ、青のりぱらぱらマヨネーズなし。お箸・お皿は使わず、テコで切って直接食べるのが神戸っ子の証です。
(すみません、友人が一杯いたので写真はなしです。)

それぞれが頼んだのをとっかえひっかえしながら食べっこした後、シメに特別オーダーしたのは、オムそばめし・スジ入り。(スジ入りのそばめしを玉子でくるんだもの)
これがうまかった!ビールが進む進むビール もちろんケチャップやマスタードなしで、これもどろをかけたのですが、やっぱりそばめしとの相性は抜群ですねえ。
久しぶりに神戸に戻ってきた友人たちも大満足の様子でした。

{お店データ}
神戸市中央区中山手通1-8-1明関ビル1F
TEL 078-332-0983
営業時間 夜7:00〜深夜4:00 休日 なし
posted by ish | 15:05 | 粉モノ | comments(2) | trackbacks(0) |
c・m・h(神戸・北野町)
一つ前のエントリで、以前の北野町にはもっと人が溢れていたとか、神戸に活気が戻ってきて欲しいとか書いているくせに、実は僕自身はあまり北野町に足を運びません。あの街にローズガーデンができ、神戸を舞台としたNHKの朝ドラ「風見鶏」が始まって一大ブームが起こるまでは、地元民にとって北野はあまり身近なところではなかったはずです。ブーム以降の急激な変化で今のような街になったことが、僕にとっては嬉しい反面、なんとなく気恥ずかしい気がしてしまうんですね。

とはいえ、衣食住に関する様々なお店が、レベル高く密度濃く集結しているのも確かなわけで、たまにフラフラ歩いてみるとなんやかんやとかなり刺激を受けるのも事実です。今回見つけたc・m・h(セ・エム・アッシュ)も10年以上の歴史があるそうなのですが、僕自身は初めて知りました。調べてみると、現在こちらの関連店舗は北野町に4軒、六甲アイランドにも1軒あり、僕が出会ったのはBoulangerie(パン屋さん)。異人館通りを歩いていて、窓越しにえらく美味しそうなパンが並んでいるのを発見したんです。



デニッシュ系、ライ麦を使ったハード系など各種ありますが、まずは見た目がカワイイし、美味しそうなオーラを振りまいています。例えば「カスタードのモコモコ」は、‘サイコロ状のサクサクデニッシュ山‘(すいません、変な表現で)の中にオレンジピール入りカスタードクリームを忍ばせた手の込んだ一品。リンク先でも紹介されている「レモンクランベリー」は、がっちりした噛み応えあるパン生地に、香りも味も濃密なフルーツがたっぷり。
少なくとも僕が食べたのは、どれもこれも個性的で主張がはっきりしたものばかりでした。以前エントリしたBoulangerie Takeuchiは僕にとって少しヘビーに感じたのですが、ここのはリッチすぎずでいい感じ。毎日食べるならバケットを選びますが、それ以外のオールスターから今日のお好みを選ぶのも楽しそうです。
たまに北野に行った時、ふらっと寄ってしまいそうなお店ができてしまいましたね〜

{お店データ}
Boulangerie c・m・h TEL 078-242-3177
神戸市中央区山本通2-9-13北野アレイ1F
9:00〜19:00 (定休日未確認)

(オマケ)
この日、北野のフレンチ「シェ・ローズ」のお店前テラスで、シェフと「あの」ジャン・ムーラン美木さんが楽しそうに談笑しているのを目撃!見る
いいなあ、引退した師匠と弟子が仲良くしてるのって。美木さん、お元気そうでした。
posted by ish | 09:38 | 粉モノ | comments(6) | trackbacks(0) |
いかにも神戸の超定番〜フロインドリーブ
もうすぐ10周年を迎えるあの震災以前には、神戸の街にはもっと活気があったように感じます。そのころは街そのものに華がありました。今はもうないというわけではないのですが、(是か非かは別にして)北野町やセンター街に人はあふれていたし、雑誌で紹介される機会も多かったはず。景気の低迷もあって、完全には元気さを取り戻せていない神戸。なんとか立ち直らせることができたらいいなと思っています。

そんな中でも、風見鶏ブームが起こるずっと前から神戸を代表する名店の一つとして全国的に有名なフロインドリーブは、今なおピカピカに輝いています。

古くからこの店を知る人にとっては、にしむらコーヒー本店近くの「フロインドリーブ中山手」のほうが馴染みがあるかもしれません。ドイツ風のパンや、クッキーを初めとする焼き菓子はあまりにも有名。故・吉田茂首相が毎朝ここのパンを空輸していたというエピソードはよく知られています。

1999年11月にできた新本店は、旧神戸ユニオン教会を改装した、それはそれは素敵でいかにも神戸らしい雰囲気一杯の素晴らしいお店です。
1階は店舗、2階はカフェ・フロインドリーブとなっていて、店舗で売っている商品の他にも自家製パンを使った各種サンドイッチを食べることができます。
カフェは←こんな感じ。貸し切りパーティもできます。夜はお食事メニューが充実。

僕がオーダーしたサンドイッチ。かなりしっかりしたパンはやっぱりおいしいし、中身もたっぷりでボリュームがあります。ただし、このメニューの場合、中身も付け合わせもマヨネーズ味だったので、マヨラーでなければ終盤にちと飽きるかも。

「トースト」と呼ばれるこちらのイギリスパンは、その名の通り軽くトーストしてバターをつけるとむちゃおいしいのですが、かなりハードタイプなのでちょっとびっくりする方もいるかもしれません(普通のトーストとラスクの中間くらいの食感か)。日にちが経つと、それこそ文字通り「歯が立たなくなる」ので、おみやげなどで買われる方はご注意下さい。
個人的に好きなのは、まずはクッキー。今でこそここの詰め合わせは、種類ごとに袋詰めされたものが箱に入れられていますが、昔は裸でぎっしりミチミチに詰められていました。箱の中に隙間がないので一見かさが低いのですが、それはそれは充実感一杯の詰め合わせだったものです。
パイ系もおいしい。僕が好きなのはダッチクランツという、薄目のパイ生地の上にスライスしたナッツがちりばめられたもの。さっくりしたパイ生地と香ばしいナッツの組み合わせは甘みも強すぎずでいい感じ。チェリーパイやマロンパイもおいしいですよ。

HPから取り寄せもできますが、やはりお店の雰囲気を楽しみながら味わっていただきたいところ。
みなさん、是非とも神戸にお越し下さいね〜
posted by ish | 20:32 | 粉モノ | comments(7) | trackbacks(1) |
Search this site
Attention !
ただいまこのブログは休止中です。
移転先は http://foodish.net/sb です。