食にまつわる色んなネタ・その他モロモロ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
てぃーだblogスタート
沖縄好きの方ならとっくにご存じでしょうけど、新しいblogサービス・てぃーだblogが本日スタートしました。
(僕はnanameさんのやむやむでこのことを知りました)
「てぃーだ」とは沖縄の方言で「太陽」という意味です。
沖縄発のブログ専門のサービス「てぃーだブログ」は「沖縄県出身者」 「県外・世界中に住んでいる沖縄県出身者」「沖縄好き」な方を対象としています。 もちろん、それ以外の方でも大歓迎です。
(〜てぃーだblogより)
画像は100MBまで、1アカウントで5つまで開設可能、携帯閲覧・更新可などなどで、もちろん無料。沖縄関連のblogって個性豊かな人が多いから、おもしろいことになりそう(^0^)/

このてぃーだblog、いつも楽しみにしている「沖縄からヨッシャー(=^^)9」のだーしゃさん(とこの会社)がやっているのです。それ聞いただけでも、なんか自由で元気があって、blogをする人のことも見に来る人のことも考えてくれるサービスになりそうな気がします♪
posted by ish | 21:05 | okinawa! | - | - |
「すあま」食べたい
suama.gif子供の頃住んでいた家のすぐ近くに、今はもうなくなってしまったけれど和菓子屋さんがありました。そのお店の定番の一つが「すあま」。
当たり前のように食べていたこの和菓子の名前を知ったのは、ずいぶんと後になってから。我が家では「ピンク色の、ぎざぎざがついてるお餅みたいなん」で通じてましたから。
すあま(素甘):上しん粉(うるち米)と砂糖を混ぜて煉り、蒸したあと軽く搗いてつくられる餅状の菓子です。しんこ餅ともいいます。角のない三角形や棹物といわれる棒状の形のもの、色はピンク・緑などがあります。
お菓子何でも情報館(全国菓子工業組合連合会)より
何年か前、たれパンダの好物として一躍メジャーになった時、「そういやしばらく食べてないなあ」と探してみたところが…見つからない!
僕にとってごくありふれたすあまは、どうやら関西ではポピュラーではないらしいことにその時初めて気づいたんですねえ。子供の頃の近くの和菓子屋さんは関東出身者だったのかなあ、などと思ってみたりして。
コンビニとかスーパーでたまに見かけることはありますが、その手の奴は大手の工場かなんかで作られたもので、神戸の街の和菓子屋さんではまず作ってないと思います。(作ってるとこあったら教えて下さい)

僕が食べていたすあまは、上の写真のようにピンク色でナルトみたいに表面がぎざぎざになってるの。検索してみると、表面だけピンクで中が白いのとか、涙型みたいなのとか、ぎざぎざがないのとか、色々あるようです。(すあまでgoogleのイメージ検索してみるとおもしろいです)

たれパンダ程ではないけれど、ふとした時に妙に食べたくなるんですねえ、すあま。
今、久々に食べたいモードに入ってしまいました。
どこか近くで売ってないかなあ。
posted by ish | 15:32 | おやつ系 > →和菓子 | - | - |
サライのお弁当特集
サライ.gif「特別な日の料亭弁当」の文字に惹かれて、サライ4月7日号を買ってしまいました。(「正しい眼鏡の作り方」という特集も興味あったし)
この手のお弁当には憧れはあるものの、値段を見るとなかなか手が出せません(^^; ただし、写真を見たり、どんな中身なのかの解説を読んでいるだけでも楽しい。コンパクトにまとめられてはいても、その中にはそれ相当の素材とありとあらゆる技術が詰め込まれているんですからね。

昔まだ子供の頃、父親が神戸のどこぞの料亭におよばれになったことがあって、おみやげにその料亭のお弁当を持って帰ってきてくれたことがあります。何が入っていたのか細かい内容までは覚えてはいないのですが、蓋を開けた時にその美しさに驚き、食べてみてそれぞれに手が込んだ細工や調理がされていることに感心した記憶があります。(ませたガキ!)

今号のサライに載っている中では、東京・原宿「重よし」(なんかすごい店みたいです)のがいいなあ。こういうの持って花見に行きたい…(夢)
posted by ish | 14:54 | 和食系 | - | - |
もー遊びーで初体験
時雨.jpg大阪キタの夜の社交場・北新地にも、数年前から沖縄料理のお店が増えつつあります。先日行ったのは、そういう中の一軒、「もー遊(あし)びー」。お店の中は居酒屋的お気楽な雰囲気で、北新地にいるなんてことを忘れてしまうほどです。
泡盛はボトルでほぼ2500円均一。今回飲んだのは、左の「時雨」(識名酒造)。泡盛については全然詳しくないけど、以前からラベルデザインに惹かれていた品物です。

さて、料理についてはいわゆる定番はほぼ網羅。僕の好きなクーブイリチーがなかったのはちょっと残念だったけど、フーチバジューシーもあったし、沖縄そばを使った焼きそばも美味でした。

もーしびーmenu.JPGところがですね、店内のホワイトボードに、グルクンの唐揚げに混じってようわからん料理の名前を発見。
は?なんですか?ハンダマって?当然ながら半熟玉子やないですよね?
お店の人に伺うと、野菜の一種だとか。知らないものは食べてみる主義なので、当然ながらオーダーしました。

で、出てきたものがこちらです。
ハンダマ.JPGこの写真ではわかりにくいと思いますが、シソを思わせる紫色と、ほうれん草っぽい緑色がコラボレートした炒め物。食べてみると、醤油っぽい味付けで、素材そのものはいかにも葉っぱ系、それもハーブっぽい香りして独特の苦みがあります。

女将さんに訊いてみたところ(この方、かなりおもしろそうな感じ)、すごく体にいいとか。初めて食べたというと、生のハンダマを食べてみぃ〜と持ってきてくれました。
handama.jpg表はグリーン、裏は紫の妖艶or高貴な外見で、味についてはうーむ、何と表現したらいいのかようわかりませんが、まさに薬草系の味(ボキャブラリ少なくてすんません)。タンポポの歯ってこんなだったかなあ。キクナに相通じるような、葉っぱっぽい感じがします。

後で調べてみたら、沖縄ではハンダマ
熊本では「水前寺菜」、金沢では「金治草」と呼ばれているそうです。
知らんかったなあ、こんなの。

{お店データ}
住所:大阪市北区堂島1-5-35 大阪屋堂島レジャービルB1
電話:06-6345-2229 定休日:日・祝
営業時間:11:45〜14:00 17:30〜24:00
posted by ish | 16:47 | okinawa! | - | - |
その他博多雑ネタ
1)16日の昼食は、事前に「福岡ESEグルメ」さんを参考にさせていただき、中華の「台北」に行ってきました。オススメに従い選んだ点心ランチは、小籠包・蒸し餃子各2個、小担々麺、春雨サラダ、小焼飯、マンゴプリンが付いて750円。確かに小籠包は良かったし、なにより焼飯がうまかった!えしぇ蔵さん、ありがとう。

2)かろのうろんの西側、キャナルタウンの北側にあたる川端商店街を本当に久しぶりに歩いてみたら、すごく活気があってびっくりした!以前は、やたら仏壇屋さんが多くて典型的な古ーい商店街だったのに、新しいお店も増えてました。やっぱり街って変わるんやなあと実感。
posted by ish | 21:34 | 旅ゆけば〜♪ | - | - |
Search this site
Attention !
ただいまこのブログは休止中です。
移転先は http://foodish.net/sb です。